顔が見えない相手だからこそ注意が必要

出会い系サイトの出会いとは相手の顔を見る事が出来ない状態で知り合います。
もちろん最近はプロフィールに写メを貼り付ける事が可能なのですが、画像を貼り付ける事で
よりややこしい状態になっているケースも見られます。
ややこしい状態とは何かというと本人の画像だけれど加工してあって本人とはまるで別人のように
なっていて実際に会った時にガッカリするという事は比較的によくある事です。

ですが加工に関しては少しでも可愛く見せたいという乙女心が原因ですし
あまり怒る事は出来ないのかもしれませんが、別人のようではなく本当に別人の画像のケースもあります。
なぜプロフィール画像に別人の画像を貼り付けて実際に会う時にどうするの?と思われるかもしれませんが、
最初から実際に会う事を前提にプロフィールを作ってはいないのです。

大多数はサクラと呼ばれる人で可愛い女性の画像を貼り付けてメールのやり取りをしポイントを消費させる事で
そのポイントの何割かが自分の収益になるという仕組みです。
つまりサクラは必ずしも女性だとは限らないのです。
男性のサクラが女性を演じる事はネットの世界ではネカマと呼ばれる行為です。
ネットの中だけのオカマという意味ですが、いくら何でも男とのメールにお金を支払っていたのかと
騙されたと気づいた時にはガッカリしてしまいますが、言葉使いとかメールの内容でバレないもの?と思うかもしれませんが、
案外男性の方が男性が好きなタイプの女性が分かっていて男性が言われたいセリフをどんどん使ってくるので

コロっと騙されてしまう人が多いようです。出会い系サイトは顔が見えない相手だからこそ
最初は相手を少し疑ってかかった方がいいのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ